2009年07月11日

祝 大井町線 溝の口延伸


みぞのくち

みぞのくち2

おおいまち

本日から、溝の口まで延伸された大井町線の様子を見てきました。
二子玉川=溝の口間を乗車してみましたが、あっという間に到着という感じです。
それにしても「緑の各停」昔の大井町線の方向幕を思い出しますが、LEDですと少々見づらい気がします。
方向幕のはそれなりですが・・・。
画像は、溝の口での急行の並び。6001Fには、祝 延伸のヘッドマークが取り付けられています。


posted by shibu72 at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここのブログでは初の書き込みとなります。
大井町線の「緑各停」は二子新地と高津が通過で、この2駅を通過するのが「青各停」ですね(大阪の南海電鉄難波−天下茶屋間でも似た傾向がありますが…)。
「緑各停=昔の大井町線の方向幕」…確かに大井町線の“緑幕”といえばかつての二子玉川園(現・二子玉川)1番線到着がそうで、4番線到着が普通の黒幕だったのが懐かしいですね。1番線到着幕は結局LEDでは見られませんでしたが。
Posted by 妖精標本 at 2009年07月14日 01:36
「青各停」は二子新地・高津に停車でした。大変失礼致しました。お詫びして訂正致します。
Posted by 妖精標本 at 2009年07月14日 01:38
●妖精標本さま
書き込みありがとうございます。
昔の微妙な緑幕は、懐かしいですね。

溝の口延伸で、昔の大井町線の姿に戻ったことになりましたが、私は、大井町から長津田・つくし野、すずかけ台、つきみ野までの田園都市線の方が懐かしく感じます。

Posted by 渋72 at 2009年07月14日 06:30
大井町線が大井町−つきみ野駅間で、路線名も田園都市線を名乗っていた1977年頃、小生は当時小学校入学前で、鷺沼プール(現在はありませんが…)の帰りに親に連れられて鷺沼から大岡山まで乗ったのを覚えています(確か8500系だったような記憶が…)。のちに田園都市線が新玉川線(現在の田園都市線)・半蔵門線方面へシフトし、大井町からは二子玉川での折り返しとなり、路線名も大井町線に戻っています。
新玉川線の計画当初は渋谷で銀座線と直結、二子玉川と浅草を結ぶ計画だったといい、浅草方面から来た電車は最近までの大井町線と同じように多摩川の橋の上で折り返す計画だったとか。もしこれが実現していたなら、多摩田園都市から渋谷方面へは二子玉川での乗り換えを余儀なくされるうえ、編成両数が5〜6両では田園都市線の混雑度は増していたことでしょう。現在の田園都市線はメトロ東西線と並び混雑度の酷さワースト2に数えられる路線です。
Posted by 妖精標本 at 2009年07月15日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック